MENU

エイジングリペアの副作用を調べました

「美容のために」
「健康のために」
「野菜不足を補うために」

 

などの様々な理由からサプリメントを摂取したことがある方はたくさんいらっしゃると思います。

 

ハシドラッグやマツキヨなどのドラッグストアへ行くと棚いっぱいのサプリメントや健康補助食品がズラッと並んでいますよね。

 

しかも、医薬品と違ってサプリメントは、ほとんど副作用がありません。

 

ですから、非常に手軽に必要な栄養を補給するための手段として多くの方が利用しています。

 

もちろん、エイジングリペアもサプリメントです。
希少な馬プラセンタなどの美容成分を直接身体に取り入れることができるので、多くの芸能人もエイジングリペアを愛飲しています。

 

先ほども述べましたが、基本的にサプリメントなどの健康補助食品は副作用がほとんどありません。
ですから、医薬品と違ってサプリメントは期待する効果が現れるスピードもゆっくりになってしまうという理屈は納得できます。

 

それでも、食事からなかなか摂取することが難しい栄養素を粒で手軽に取り入れることができるというサプリメントは非常に人気があります。

 

エイジングリペアの成分をみてみよう

いくら副作用が少ないとはいえ、エイジングリペアサプリの成分をしっかりと把握しておくことは非常に大事です。

 

エイジングリペアの全成分

馬プラセンタエキス、コンドロイチン、コラーゲンペプチド、ムコ多糖タンパク複合体(デルマタン硫酸含有)、亜鉛含有酵母、ヒアルロン酸Na、ガラクトオリゴ糖、グリシン、V.C、L-プロリン、L-グルタミン、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、パントテン酸Ca、L-シスチン、V.B1、V.B2、V.B6、V.B12、葉酸

 

※原材料の一部に、乳・豚・ゼラチン・魚由来のコラーゲンを含みます。アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。

    

 

プラセンタ配合量

・馬プラセンタエキス:180mg
・コンドロイチン:180mg
・低分子コラーゲン:180mg
・デルマタン硫酸:36mg
・低分子ヒアルロン酸:18mg

 

1粒に45r、但しエイジングリペアは1日4粒服用が最低摂取量のため1日分に換算すると180mg。以下1日4粒服用した場合の主要成分含有量です。

    

 

エイジングリペアはプラセンタ以外にも美容に必要な栄養素がたっぷりと配合されています。

  1. コラーゲン・・・1日あたり180mg
  2. タンパク質の一種で主に皮膚などを構成します。
    人間の身体のたんぱく質のうち約30パーセントはコラーゲンなので、とても大事な成分です。

     

  3. コンドロイチン…180mg
  4. 軟骨を構成する成分のひとつ。
    コンドロイチンは軟骨に水分を運んだり、栄養を与え、老廃物を排出するはたらきがあります。若々しさキープするためには必要不可欠な成分ですが、年と共に減少してしまいます。

     

  5. デルマタン硫酸…36mg
  6. 皮膚や血管などにあり、若々しさを保ち、保水性や弾力性を保つ大切な成分ですが、年齢と共に減少してしまいます。

     

  7. ヒアルロン酸…18mg
  8. 保湿力が非常に高く1グラムで6リットルの水分を抱え込むことができる成分です。
    人間の目や皮膚、関節、脳、動脈など体内のいろいろなところにあります。
    しかし、これも年齢と共に減少してしまうので、効果的に外から摂取することが大切になってきます。

上記以外にも美容成分が入っています。

これらに加えて、馬プラセンタが各細胞の活性化を促して相乗効果で美肌を作ってくれます。
エイジングリペアは、他にもビタミンCやB1、B2など20種類以上の美容成分を凝縮しているので、若々しさを与えてくれるサプリとしては非常に秀でているといえます。

 

どの美容成分も、共通しているところは年齢と共に体から減少してしまうということです。


コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などが減少すると、シミ・しわ・たるみなどのお肌の老化現象が進みます。
ということは、これらの成分がしっかりと体に入っていなければ、老化現象を抑えることができるというわけです。

 

何もしなければ年齢と共に減少してしまう成分ですから、しっかりと体に取り入れてあげることが大事になってきます。
そこで、エイジングリペアはムコ多糖トリオと呼ばれる「ヒアルロン酸・コンドロイチン・デルマタン硫酸」を配合しました。

「ヒアルロン酸・コンドロイチン・デルマタン硫酸」は、お肌にうるおいを保ってくれる水分を保つために大切な働きをしてくれます。
簡単に言えば、保水効果に適している成分というわけです。

 

厳しい品質基準


製造は国内のGMP認定工場において厳しい品質管理のもと行われており、安全性に関しても高い水準に有ります。
放射能検査も実施済みで安心です。