MENU

プラセンタの副作用の口コミ

美容と健康のためにプラセンタを摂取しようと思った時に気になるのが副作用です。

 

yahoo!の検索欄に「プラセンタ 副作用」というキーワードを入力して調べようとしたところ、下記のような言葉が出てきました。

 

「プラセンタ 副作用 乳がん」
「プラセンタ 副作用 癌」
「プラセンタ 副作用 がん」

 

これが本当だったら非常に危険です!さっそく調べてみました。

 

プラセンタと癌との関係とは?


結論からズバリ。
プラセンタでがんの予防やがんの治療をするというようなことは実際にあります。
しかも、発表もされてるので確かな事実です。

 

しかし、プラセンタで乳がんになるという発表はされてません。
ですから、プラセンタを飲んで乳がんになるという噂は嘘ということになります。

 

でも、、、
なぜ「プラセンタを飲むと乳がんになる」という口コミが出回ってしまったのでしょうか?

 

それにはいくつかの要素があるのではないでしょうか。

 

まず一つめは、プラセンタが人の体に作用する効果について。


プラセンタは『女性ホルモンのバランスを整えてくれる』働きがあります。

 

ですから、プラセンタを継続して飲むことによって】月経前症候群の緩和や生理中の不快な感情を抑えることができます。

 

この作用こそが、≪誤った解釈≫をされてしまい、プラセンタを飲むと乳がんになるというような表現に発展していったのだと考えられます。

 

そして二つめは、プラセンタで乳がんを予防できる可能性があります。


ここで乳がんという言葉が出てきましたね。
プラセンタで乳がんになるんじゃなく、プラセンタで乳がんを予防することができるんだそうです。

 

なんと、プラセンタには女性ホルモンのバランスを正常化させる作用があるのですが、その作用によって、乳がんの発症を防ぐ作用も働いているのです。

 

乳がんは、女性ホルモンのバランスが乱れることによって引き起こされます。
ですから、継続的にプラセンタを体内に取り入れることによって、ホルモンバランスを常日頃から整えておけば乳がん発症のリスクが低くなります。

 

これは、医学誌で発表されましたが、医学的に証明されたわけではないので、そこは勘違いされないようにお願いしますね。

 

しかも、がん予防だけじゃなく「がん治療」にも役に立っています!


まだ学会誌で取り上げられる程度でしか認められていませんが、プラセンタの「自律神経調節作用」と「精神安定作用」が評価されて、」がん治療やがん予防のために使われているのです。

 

がんそのものを治療するのではなく、がんという病気になってしまったという事実から、軽い鬱状態に陥ってしまう方がいます。そういう人のためにプラセンタを使用してストレスを軽減させるという治療です。

 

病は気から・・・という言葉があるように、どんな病気の人でもストレスを抱えてしまうとその分病気も悪化してしまうものです。
プラセンタを使ってストレスを軽減し、気持ちを前向きにしてあげることができれば、がんも良くなる可能性があります。

 

その他の副作用はあるの?

プラセンタは胎盤です。
主に、馬と豚のプラセンタサプリメントが出回っていますが、厳重な安全管理の下で製造されていますし、胎盤に含まれている血液やホルモンなどは製造過程で完全に除去されているので、安全面での心配はほとんどありません。

 

ですから副作用の心配もほとんどないと言っていいでしょう。

 

副作用の心配はありませんが、実際に、軟便になったり、プラセンタを飲んで眠気が強くなったり、生理の時の出血量が多少増えたり、生理時期が早まったり…というようなことはあります。

 

  1. 軟便になる
  2. 眠気が強くなる
  3. 生理時の出血量が増える
  4. 生理時期が早まる
  5. 更年期障害の改善
  6. 疲れにくくなる
  7. 二日酔いになりにくくなる
  8. 冷え性が改善される
  9. 眠りが深くなる
  10. 眠りが浅くなる
  11. 寝起きが楽になる
  12. 顔の脂が多くなる
  13. 頭皮の脂が多くなる
  14. ニキビ・吹き出物が増える

 

ですが、それはプラセンタによって、身体の機能が正常化される過程段階に起こる症状に過ぎません。

 

プラセンタを摂取することによって、最初は体調に変化が出る人はいますが、それは副作用とは違うということさえ頭に入れておいてもらえれば、引き続きプラセンタを継続して服用していくうちに、そういった変化も薄れていきます。

 

この変化の過程を副作用だと勘違いしてしまい、飲み続けるのを断念してしまうことこそがもったいないことです。
見極めが非常に大事になってきます。

 

プラセンタの含まれている量が多ければ多いほど体の変化は起こりやすくなります

プラセンタサプリはサプリの種類によって含まれている量が違います。
プラセンタの量が多く含まれていれば当然、効果や変化にも違いが出てきやすいです。

 

そして、プラセンタの「純度」も非常に大切になってきます。
プラセンタエキスよりプラセンタ純末のほうが同じ量であれば効果が高くなります。

 

プラセンタの1日の摂取量は100mgです。
プラセンタの効果をより実感したければ純度の高いプラセンタサプリを選びましょう。