MENU

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

プラセンタは胎盤のことです。
その、その原料は「馬」「豚」「羊」「ヒト」「植物由来」があります。

 

この5種類のプラセンタの中で、サプリメント・美容ドリンク・化粧品などに使われているのは「馬・豚・羊・植物由来」のもので、医療機関でのプラセンタ注射でのみヒト由来のプラセンタが使用されているのが現状です。

 

・サプリメント
・美容ドリンク
・化粧品

馬・豚・羊・植物由来
・プラセンタ注射 ヒト

 

 

実は、馬プラセンタと豚プラセンタは作用する効果はとても似ています。

 

ですから、高価な馬プラセンタより安価な豚プラセンタの方を選んでしまう人もいます。
実際問題価格設定はとても大事です。
効果が似てるなら安い方を選んでしまうのは当然な心理ですよね。

 

しかし、どうしてそんなに価格に差が生じるのでしょうか?
それには、様々な要因が重なっている上に、ある大きな成分の違いがあったことが原因の一つなんです。

 

今回は、そんな馬プラセンタと豚プラセンタの違いを簡単ですがまとめてみました。
馬プラセンタと豚プラセンタ、どちらがあなたに合っているのか、判断する材料にしていただければと思います。

 

  出産・妊娠期間について

1年に1回、1頭を出産する

 

妊娠期間は約11カ月

1年に2回、10頭を出産する

 

妊娠期間は約4カ月

妊娠、出産についてですが、馬の場合は1年に1回しか出産しません。しかも1頭という数しか産まないので希少価値があります。

 

希少価値があるということは自ずと価格設定も高めになってしまうのは否めません。
また、妊娠期間が11カ月と長いため、馬プラセンタの原料である胎盤に成長が発達しています。

 

反対に豚の方は、1年間に2回も出産し、1回の出産で10頭ほど産みます。ということは1年間で20頭も出産するということですね。
出産数が多いので胎盤も多く原料にすることが可能なため、馬よりも量を生産することができます。

 

  使用する胎盤について
馬プラセンタはサラブレッドの胎盤を使用している
豚にサラブレッドはいないため、一般的な豚の胎盤を使用している

馬プラセンタの場合、サラブレッドの胎盤を使用しています。

 

しかも国産サラブレッドを使用している場合は、細かい健康管理のもと、厳格な血統登録が行われているため、どんな飼育で育ったサラブレッドなのか追跡することが可能なくらい、安全性がしっかりと目に見えて確認することができます。

 

これは非常に安心できる要素の一つですね。

 

また、豚プラセンタの場合は、豚そのものにはサラブレッドが存在しないため、使用する胎盤は一般的な豚のものを使用します。

 

しかし、豚の中には「SPF豚」と呼ばれている豚がいます。SPF豚とは、他の豚と違って徹底した管理のもと、非常に大切に育てられているため安全性が高いといわれています。

 

豚プラセンタを選ぶ場合は、「SPF豚」のプラセンタを選ぶ方が安全性はあります。

 

  安全性について

生食が可能なほど安全性が高い。

 

馬の体温は高いため寄生虫の心配がない。

 

狂犬病の心配がない。

病気にかかりやすいので予防注射などのワクチンを投与されることが多い。

 

馬よりも体温が低いため(5〜6℃)寄生虫の心配がある。

 

狂犬病の心配がある。

狂犬病についてですが、牛・豚・羊など『ひづめが割れている偶蹄類』に発症する病気なので、馬の場合は該当しないという理由から記載させていただきました。

 

安全性から考えても、病気になりにくい馬のプラセンタの方が選びやすいですよね。
ワクチンが絶対ダメとは言えませんが個人的にはワクチンを打たなくても健康に過ごしてくれる馬の方を選びたいです。

 

だからといって豚がダメとはいえません。豚プラセンタの方が安価で大量のプラセンタを作ることができるというメリットもあります。

 

反対に馬プラセンタは希少すぎるので、大量生産ができない上に価格的にも高価な場合が多いです。

 

価格の面もそうですが、それより『アミノ酸』の配分の差がすごいのが両者を分ける特徴

馬プラセンタには、豚プラセンタには無いアミノ酸がたくさん含まれています。

 

しかも、全体的に馬プラセンタの方が豚プラセンタよりも1.2倍も多くアミノ酸が含まれてます。

 

アミノ酸は私たちが生きていく上で欠かせない栄養素です。
私たちの体は20種類のアミノ酸が必要ですが、実際に体の中で合成できるアミノ酸はこの半分しかありません。
残りの半分は、食べ物などから直接取り入れなければいけないのです。

 

そのようなアミノ酸のことを必須アミノ酸といいが、馬プラセンタの中には必須アミノ酸が配合されています。

ですから、無理に必須アミノ酸を食事から摂取しなくても、馬プラセンタを飲むことによって自然とアミノ酸を満足に取り入れることができるというわけです。

 

これらの点を踏まえると、馬プラセンタが美容と健康の意識度が高い人に人気な理由がわかりますよね。